贈与か否かは実質的に判断される

はてな.gif 生前贈与は親族間でなされることが多いため,それが本当に贈与にあたるのかどうか,見極めが難しいことがあります。

 当事者が贈与と認識していなくても,客観的な事実から見て贈与であると判断されれば,贈与税が課されるので,注意が必要です。

 たとえば,無償で財産の名義を変更したり,買い入れた財産をほかの人の名義にしたりした場合は,原則として贈与であると判断されます