相続税支払いの目安

haru_0001.gif@ まず,相続財産が基礎控除額を超えているかどうかを判断します。

基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」です。

相続財産がこの額を超えている場合に,相続税を支払う必要があります。

 

 

A 相続財産に宅地がある場合,「小規模宅地等の評価減の特例」を適用して,宅地の評価がどの程度下がるのかを検討します。

宅地の評価が下がることで,相続財産が@の基礎控除額以内になれば,相続税を支払う必要はありません