相続税課税の考え方

相続税課税をする際の,土地や建物の財産評価の仕方は以下のとおりです。

土地の評価

路線価方式

 路線価が定められている地域の評価方法

倍率方式

 路線価が定められていない地域の評価方法で,宅地の固定資産税評価額に一定の倍率をかけて計算

建物の評価

固定資産税の評価額がそのまま相続税評価額になります。

*ただし,貸宅地や,小規模宅地(事業や居住のために使っていた土地),借家人の入っている家屋などは,評価額が減額されます。